人気ブログランキング | 話題のタグを見る

チェコの世界遺産リスト

ドブリーデン!

チェコトラベルランドのスタッフYです。

コロナの間チェコでは新しく登録された世界遺産が数か所あるんですよ。

下記はWikipedia情報ですが割と正確でしたのでご紹介させていただきます。

文化遺産編集

自然遺産編集

北海道ほどの小さい国ですが、見所が各地凝縮しています。

特に北西ボヘミア地方は今まで観光要所が少ないイメージでしたが、下記の2箇所があらたに加わり、今後行ってみたい地域のリストになりますね〜


特に私がコロナ禍がきっかけで2地域居住地としているエルツ山地は世界遺産に登録された温泉地のカルロヴィヴァリ、マリアンスケーラーズネェ、フランティシュコヴィーラーズネェにも近く、美しい自然リゾートと、過去の大々的な鉱山の跡地が鉱山ツアーサイトとしても公開されています。

次回からのブログでご紹介させていただきます!

私がまだ訪れたことがないのは、この1箇所です。

馬にはとても興味があるので、一度訪れてみたいです。

次回からしばらく続くエルツ山地(クルシュネー山地、チェコ名),お楽しみに★


# by cztravelandblog | 2022-05-18 01:57 | チェコ観光スポット | Comments(0)

チェコとコロナ

ドブリーデン!
チェコ・トラベルランドのスタッフYです。

<チェココロナ話②>

本日の国内コロナ感染者数、900人台まで落ち着いたチェコです。
春~夏は、そもそもウィルス感染は少ない時期ですので、今年も昨年度と同じ傾向をたどり、という感じです。

それよりもびっくりするのは、ここに来てチェコではコロナウィルスなどほとんど過去のお話となっているという点。
マスク?
消毒?
ソーシャルディスタンス?
って一体何だったの?

今年の初めはパンデミックで結構ジタバタしていたチェコなのに、たったの4ヵ月経過でこの違い。
「コロナはもうただの風邪でしょ?」
という世論が広まり、国内全体でウィルスに対する緩みが見られる傾向です。

薬局やスーパーマーケットではいらなくなったマスクや衛生管理品が安売り。
間もなくの夏休みに向け、バカンスのパッケージ旅行は好調な売り上げ。
各地のイベントやフェスも本格的に始まって、挨拶のハグや頬っぺたキスも通常通り。

日本人の私は
「こんなんで大丈夫かな~」
とひやひやしながらも、以前より消毒液やマスクを使用しない日々が続きます。
昨年の歴史(春~夏は開放的で、秋~冬にパンデミック)のシナリオを繰り返さないことを祈るばかりですね。

プラハはそろそろ初夏です。
来週は28度の最高気温の予想。

過去最高インフレ率12%、戦争の影響によりエネルギーの高騰、物価高騰、利息率高騰・・・・
チェコを取り巻く状況は決して明るくはありませんが、もう間もなくコロナ禍三度目の夏です。


# by cztravelandblog | 2022-05-08 05:36 | チェココロナ関連 | Comments(0)

チェコはコロナ入国規制解除

ドブリーデン!

チェコトラベルランドのスタッフYです。

久しぶりのブログ更新となってしまいましたが、
2022年4月よりチェコはチェコ入国時のコロナによる規制がすべて解除されました!

国際線の飛行機の搭乗には未だPCR検査の陰性証明が必要になり、
日本への入国にも出国72時間前までのPCR検査の陰性証明が必要にはなりますが、
チェコ国内でPCR検査も簡単にできますし、日本政府が指定しているフォーマットも簡単に入力してもらえます。

弊社チェコ・トラベルランドでは現地でのPCR検査の代理予約やアテンドできる日本語アシスタントの派遣も承っています。


2022年5月現在、
その他コロナ規制は、医療機関などでのマスクの着用を除き、一切特別な規制はでていない状況です。
ウクライナでの戦争は続いておりますが、チェコ共和国内における影響は一切ありません。

日本の方にとっては遠かったチェコ旅行はやっとそこまで手が届く距離になりました。

チェコトラベルランドでは通常通りのお手配やサービスの提供をさせていただいております。
みなさまの様々な目的でのチェコへのご来訪とお問い合わせをお待ちしております。

<チェコのコロナ話①>

コロナ騒動が始まった2020年以降、チェコでは秋・冬が来る度にパンデミックになり、3万人以上の死者もだしている状況ではあります。
しかし今年度2022年に入り、オミクロン株の感染率が高まると同時に感染者の重症患者数は減り、今春は特に各規制も解除されている状況の中、コロナは普通の風邪というような認識が高まっている傾向です。
もともとマスクをする習慣のない国ですから、現在は屋外でも屋内でもマスクをしている人はほとんど見かけません。
またマスクが自然免疫獲得率を下げる効果があるという見解もあり、屋外では積極的に自然の空気を吸うことが推奨されているような状況です。あの騒動のコロナはどこに行ったのか?というくらい、平常の生活をしている現地の状況です。
今春は各地でリアルのフェスやイベント、学会なども開始され、コロナ前の世の中に戻ったような春を迎えています。

(続く)


# by cztravelandblog | 2022-05-03 21:57 | Comments(0)

初挑戦!キムチ作り

ドブリーデン!

チェコトラベルランドのスタッフMです。


明けましておめでとうございます。
日本では今週いっぱいお正月休みという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
チェコは1月3日(通常は2日からですが、今年は日曜日だった為)からすっかり通常運転です。


元気満タンで新年を過ごしたいところですが、なんだか疲れが残ってるような..
振り返ると12月はそりゃ疲れて当然といいたくなる日々でした。
12月~年始だけでも、ミクラーシュ、娘と姪っ子のお誕生日会、クリスマスイブ(家族で)、クリスマス(大きい親戚枠で)、大晦日のパーティ、新年の挨拶、とたくさんのギャザリングがありました。
12月25日までと大晦日はパブのオープン時間規制があったものの、その間は通常営業だったので、合間を縫って友達ともギャザリング。
ジーゼック(チキンカツ)、フレビチキ(オープンサンド)、肉、肉、肉、そして常に片手にはお酒..
怖くて体重計にのれません。


かつて‘’おせちもいいけどカレーもね‘’というCMがありましたが、まさに‘’チェコごはんもいいけど、アジアな粗食もね‘’という気分。
というわけで、みなさんご存知、弊社のお料理上手スタッフAに教えてもらったレシピでキムチを作ってみました!



初挑戦!キムチ作り_f0401091_18294726.jpg


<材料>
A.
白菜一玉(1kg)
塩(白菜の重さの1.5%)

B.(この材料で作るペーストをヤンニョムという)
唐辛子 大さじ3-5
ナンプラー 30g
にんにく 5-7コ
しょうが 20g
りんご 70g
アンチョビ 1缶
コチュジャン 大さじ1
はちみつ 大さじ2
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ1

C.
昆布 1枚
もち粉 大さじ2 ※米粉で代用可 
水 70-100ml

D.
にんじん 1本


<作り方>
①Aの白菜を食べやすいサイズに切って塩もみ、重石を置いて1-2時間置く。
②Bの材料、にんにく、しょうが、りんごなどはざく切りにして、固形物を下に、液体は上に入れてハンドブレンダー/フードプロセッサーですべて混ぜる。※アンチョビは軽くお湯で洗って油分をとる。
③Cの昆布と水を鍋に入れて沸騰しない程度に加熱、ダシをとる。昆布は取り出す。
④取り出した昆布はDの材料とともにカットしておく。
⑤③のダシにもち粉を入れ、のり状にする。
⑥②と⑤を混ぜる。
⑦⑥にDの材料を入れ混ぜる。
⑧①の塩もみした白菜をよく洗い、軽く塩抜きをしてざるにあげ、よく絞る。
⑨白菜とヤンニョムを混ぜて瓶に入れる。
⑩発酵するので一晩はふたを閉めず常温で置いておく→翌日冷蔵庫へ。



初挑戦!キムチ作り_f0401091_18300712.jpg


2日目、ドキドキしながら実食。
お、美味しい..!!


本当に最近はスーパーでも見かけるようになったキムチですが、ビーガン仕様のものも多く、お酢っぽい?というか全体的にさっぱりしているうえにまぁまぁお高いので、たまーに日本食材店で奮発して買っていました。
けれどこれは濃厚。アンチョビが効いているのか、とても深みのある味で最高です。もちろんコスパも最高。


というわけでここ数日は毎日納豆キムチを食べています。
チェコごはんも美味しいし大好きだけれど、やはりこういうごはんてホッとしますね。
みなさんもよかったら是非作ってみてくださいね!


それでは今年もよろしくお願い致します!











# by cztravelandblog | 2022-01-05 19:09 | チェコ生活 | Comments(0)

今年もありがとうございました!

ドブリーデン!

チェコトラベルランドのスタッフAです。

クリスマスも終わり、今頃日本では年末年始の準備で大忙し!
という方が多いのではないでしょうか?

チェコはクリスマスの24日から26日までは祝日でした。
スタッフAことわたくしも、クリスマスはチェコの伝統的な料理である
鯉のスープに鯉のフライやポテサラを食べてすごしました。

これらの料理については昨年スタッフMがブログにアップしておりますので
チェコのクリスマス料理、気になる方はぜひ読んでみてくださいね!
↓↓↓ 


クリスマスが終わった後のチェコはというと、新年まで休暇の人もいれば、
27日から仕事をしている人もいます。
正直なところ、日本のような年末感はあまりありません。
大掃除などもクリスマス前に行う人が多いようで、
チェコのクリスマスは日本の元旦を迎えるような感覚に近い気がしています。
クリスマス休暇にダラダラしながら色々と食べる日々が続き、
正月太りというより、クリスマス太りが気になるところです・・・



さて、話は変わりますが最近流れてきた日本語のニュースで興味深いものを。

2020年 国別一人当たりビール消費量、チェコ共和国は28年連続で1位

だったそうです!!


チェコが1位で一人当りのビール年間消費量181.9L。
驚くのが2位のオーストリアは96.8Lなので、ほぼ倍近い数字でぶっちぎりの1位のようです。
ビールで有名なドイツは5位、ベルギーは31位。
ちなみに日本は52位の34.9Lのようです。
34.9Lの日本に対してチェコの181.9Lという数字を見ると、少し恐ろしい気さえしてきますが、
それだけビールが身近な国ということなんでしょうね。

チェコに暮らしていると麻痺してくるのですが、本当にチェコ人は水のようにビールを飲みます。
近年、少しずつ値上がりしているとはいえ、ビールの価格が安いというのも大きな理由だと思いますが
ビール醸造所も数多くあり、おいしいビールが味わえるのもチェコの魅力だと感じています。


弊社ではオンラインツアーでプラハのビール醸造所レストランを訪れるツアーも扱っております。

プラハの15世紀から続く老舗の有名店、U Flekůと Pivovar U Medvídkůの2軒を
はしごするツアーです。
なかなかご旅行が出来ない、しにくいご時世ですが、このツアーに参加すると
実際にチェコ旅行ができるようになった時の予習としても楽しめるのではないか?と思います。
オンラインツアーは仲間同士などでの貸し切りも可能ですので
興味がある方はぜひお問い合わせくださいね。


今年も残すところあと数日です。
今年、オンラインツアーをご利用してくださった方、実際にチェコにご旅行にいらして
チェコトラベルランドをご利用してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。









# by cztravelandblog | 2021-12-29 20:54 | チェコ季節行事 | Comments(0)

ドブリーデン!チェコ共和国にある旅行会社チェコ・トラベルランドのスタッフによる公式ブログです。チェコ共和国やプラハの魅力・旅行情報、スタッフの日常をリアルタイムにお伝えしていきます。写真・記事の無断の転用はお控え下さい。By www.czechtraveland.com


by cztravelandblog
プロフィールを見る
更新通知を受け取る